AOMdriver

RFシンセサーイザー及びAOMドライバー

AOM driver and agile RF synthesizer (ARF021/ARF421)
 AOMドライバーを自作するのは経験とノウハウが必要なので、思った以上に時間と労力及びコストを必要とします。この様な研究者の負担を軽減する為、Moglabs社は大学で培った豊富な経験に基づき、使用する方のニーズや使い勝手をご満足して頂ける製品としてARF421を開発致しました。ARF421は2チャンネルのシンセサイザーを有していて、それぞれ20~400MHzの範囲で周波数可変、RFパワーは~36dBm(ARF021は~16dBm)までの出力が可能です。これらのコントロールは全面パネルにあるノブでマニュアル操作が出来、レーザーのノイズイーター又は周波数ロック用途(servo feedback built-in)で10MHzバンド幅迄のAM及びFM強度変調を行う事が可能です。また、コンピューターインターフェイス(10/100 イーサネット、USB及びメモリスティック)経由でFM、AM及びPMのデータ出力(triggered又はlooped playback用途)を含むすべての設定を行う事が出来ます。
Super agile RF synthesizer (SAS021)
基本性能はARF021及びARF421と同じですが、周波数可変レンジが20MHz~1GHzに対応したエンハンストモデルになります。

<特徴>

  • Noise eater or laser frequency lock
  • Complete package: run from 100-250 Vac, 50/60 Hz
  • High output power: 2 x 4 W per channel
  • Wide frequency range: 20 – 400 MHz (20 –1GHz)
  • High modulation bandwidth: 10 MHz
  • Fully digital operation with analog usability
  • 16 independent digital outputs optionally synced with DDS
  • Complex frequency/power/phase sequences
  • External and internal synchronisation options
  • Full hardware monitoring of all vital parameters
  • Robust open- and short-circuit protection
  • FPGA architecture for extreme flexibility
  • Labview and DLL drivers

<アプリケーション>

  • Diamond NV quantum control
  • Laser cooling and trapping
  • Bose-Einstein condensation
  • Quantum optics: squeezed light
  • Electromagnetic transparency and slow light
  • Time and frequency standards
  • Laser spectroscopy
  • Physics teaching labs