band-pass-filter

バンドパスフィルター

Figure 1. ULTRAシリーズ(バンドパスフィルター)


band-pass-filter-chart2
Figure 1. ULTRAシリーズ(バンドパスフィルター)

Alluxa社のバンドパスフィルターULTTAシリーズは、独自の経験に基づくコート精度の組み合わせで、立ち上がり/立下り、ブロッキングレベル、透過率を高いレベルで実現しています。

ULTRAシリーズはお客様のご希望仕様にあわせて、シングルバンド、マルチバンド及び狭帯域バンドパスフィルターでの設計をしています。主な用途としては、蛍光顕微鏡、フローサイトメトリー、ラマン分光、LIDAR、イメージング等があります。

様々な要素がコートデザインに影響を及ぼします。カスタムデザインをご希望される場合、能力の参照値として下記をご参考ください。

<バンドパス参照値>

  • 最大99%透過
  • 最大OD10ブロッキング
  • 立ち上がり:CWLに対して0.5%(透過率50%からOD6)
  • CWL約250nm~6200nm
  • 波長精度:CWLに対して0.25%
  • TWE:0.01 wave RMS /inch @632.8 nm

マルチバンドフィルター

Figure 2.  ULTTAシリーズ(マルチバンドパスフィルター)

Figure 2. ULTTAシリーズ(マルチバンドパスフィルター)

Alluxa社のマルチバンドパスフィルターULTTAシリーズは、ご希望されるバンド間の距離にもよりますが、10以上のバンドを98%以上の透過率、高い立ち上がりかつ、バンド間をOD8以上でデザインをする事が可能です。これらの特長は蛍光顕微鏡用の多波長励起フィルターや蛍光フィルターに適しています。